雲海に浮かぶ日高山脈を望む十勝幌尻岳

帯広市と札内町の境に位置する十勝幌尻岳(1846m)を案内してきました。
河原歩き・渡渉・藪漕ぎと変化に富んだアドベンチャー気分に浸れる良いルートです。

十勝幌尻岳の行程

山麓で前泊して、早朝からアタック。

通行止めの林道を1hほど歩いてから河原歩き。途中で夏道に入った方が楽チンです。夏道の取付き点が分かりづらいですが・・・

河原歩きから尾根に取りついてから程なくして、藪漕ぎしながらの登り。急登を越えたら山頂です。

ゆっくり目のペースで総行程約8時間(登り4.5h/下り3.5h)でした。

山頂からの景色は抜群!雲海も

十勝幌尻岳の尾根上からの雲海

尾根上を登っているとチラチラと雲の隙間から青空が覗いているのが見えました。「ひょっとしたら上に行けば、雲海の大展望が見れるのでは・・・?」と期待が出てきました。

期待は見事に必中。到着した山頂にて、想像を超える雲海の大展望と日高山脈の山並みが待っていました!

本来なら十勝平野が見渡せるのですが、これはコレでありかなと。何よりも雲を抜けての快晴が待っていたことが思わぬサプライズとなりました。

幌尻岳といえば、日本百名山に数えられる日高幌尻岳が有名です。こちらの十勝幌尻岳も非常に良い山なので、ダブル幌尻岳を制覇するのもいいかもしれませんね!


コメント